未分類

土地と建物を売却するときに知っておきたいこと

投稿日:

不動産を所有しており、土地と建物を同時に売却しなければならないことがあります。この場合には、どのぐらいの価値があるでしょうか。

土地と建物の価値についてどのように調べるかを知っておきましょう。基本的に土地については路線価や実勢価格で調べます。路線価と言うのは、道路に価格が付けられており、その道に沿っている土地は、全て同じ値段になります。

もちろん微妙な違いはあるかもしれませんが、ほぼ同じと考えてよいでしょう。ただし、路線価の場合は、年に1度しか発表されませんので、発表されてから半年以上経つと価格が前後してしまう場合があります。

この場合には、実勢価格を参考にするのが良いです。実勢価格は、実際に売買をした人が価格を公表していますので、リアルな値段が分かるのです。ですが、実勢価格の場合は参考例が少ないことから、自分が所有している不動産の近くで不動産を売買していなければ、役に立たないこともあります。

そこで実勢価格と路線価の両方で調べるのが良いかもしれません。一方建物については、客観的に判断しにくいところがあります。

建物には個性がありますので、どのぐらいの広さならばどのぐらいの値段になるかということが明確にはなりません。そこで、売却をする前に査定をしてもらうことが重要です。査定をする場合には、その価格通りで売れるわけではありませんが、おおよその金額はわかるでしょう。

できれば3社ぐらいの不動産会社に査定をお願いしましょう。

-未分類

Copyright© 土地売却に必要な費用や査定の掟 , 2017 AllRights Reserved.