未分類

土地の共有持分を売却をする時の注意点

投稿日:

土地を相続などによって取得した場合には複数人で所有していることが多いのです。自分が所有している共有持分は自由に売却ができるのが原則です。

土地の共有持分を売却する時の注意点をいくつか検討してみましょう。1、一部の権利だけでは市場価格よりも安値でしか売ることができない2、トラブルを防止するには他の共有者と事前協議が必要3、権利を市場価格と同額で譲るには共同所有している人に購入してもらうそれぞれを具体的に考えていきます。1、全てを自由に使うことができない為に近隣の不動産価格よりも相当程度安値でなければ買手を見つけることはできません。

市場で求めているものは全ての権利を自由に行使ができる不動産です。一部しか使用ができないものや条件や制限がついているものは安くなってしまうものです。

2、買い手を見つけることができたとしても、他の共有者が反対をした場合には交渉を断念しなければならなくなります。買い手は購入できると準備をしていた場合には損害賠償を請求される可能性があります。トラブルを避ける為には他の共有者と事前協議をしておく必要があります。

知らない人が突然権利主張をしても不審に感じるだけでありトラブルの原因になります。3、最も高値で取引が成立する方法は現在共同所有している人に譲ることです。

複数人で所有していればそれぞれに等分で譲れば金銭面での負担を軽減できます。市場価格通りで売ることができるのも特徴です。

-未分類

Copyright© 土地売却に必要な費用や査定の掟 , 2017 AllRights Reserved.