未分類

土地を売却する場合に気になる境界線

投稿日:

自分が土地を所有している場合、特に利用することがなければ、固定資産税が余分にかかってしまいます。建物が建築されていて、そこに人が住んでいれば固定資産税が安くなります。

ところが、ただの土地の場合には、人が住んでいる建物付きの土地と比べると、固定資産税が6倍に膨れ上がります。もし、土地を駐車場にしたり、アパートを建てて不動産収入を得るなどの予定がなければ、売却したほうが金銭的な負担が少なくなるでしょう。ところが、実際に売却するとなると様々な問題が発生することもあります。

その一つが、境界線の問題です。普通は、隣との境界線は明確になっているはずです。

ですが、争いが発生するのはどうしてでしょうか。それは、古い時代に売られた不動産ほど境界線がはっきりしていない可能性が高いのです。昔は、不動産を売却するときもいい加減なことが多かったのです。

隣の家との間で争いが頻繁に起こったため、最近は、売られた不動産は隣の不動産と自分の不動産がはっきりするようになっています。境界であることを示す杭などが打たれているところを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

杭などが打たれている場合は、第三者でも、素人でもわかりやすいため、やはり争いが起こりにくいでしょう。もし、不動産を売るときに問題が発生してしまったらどうするべきでしょうか。この場合には、家屋調査の専門家にお願いをするのがいいでしょう。

お金はかかりますが、はっきりと決着をつけてくれるでしょう。

-未分類

Copyright© 土地売却に必要な費用や査定の掟 , 2017 AllRights Reserved.