未分類

土地売却時の契約書作成方法

投稿日:

土地を売却することを決めた時は多くの場合が不動産屋に仲介をしてもらうことになります。個人で土地売却をできないことはありません。

契約書を作成する時に注意すべきポイントをいくつか検討してみましょう。1、誰と誰が取引するのかを明確にする2、取引対象となるものを記入する3、設置済の設備や、法律によって制限されているものを記しておくそれぞれを具体的に考えていきます。1、誰が取引をしているのかが分からなければ役所に届け出ることはできません。

契約書のみで終わらせる場合であっても明確に分からなければ記録に残しておくことはできません。匿名で取引をすることは認められていません。

お互いにどこの誰なのかを知っておくことが求められます。2、取引をするのはどのような不動産なのかが分からなければ、特定することができません。どこにあるもので、どのような形状をしているのかを知ることで安心して取引ができます。

安心安全はどのような場面でも求められます。3、現在設置してある設備などは所有者にしかわかりません。

新しく購入する人に対して書面で説明をしておくことで、説明忘れや聞いていない、言っていないというトラブルを防ぐことができます。金額が高額になる分トラブルに発展する可能性が高くなります。後々にトラブルになることが多いのが建物を建てる時に法律で制限されていることです。

現時点でわかる全ての情報を伝えておかなければお互い安心ができません。

-未分類

Copyright© 土地売却に必要な費用や査定の掟 , 2017 AllRights Reserved.