未分類

土地の売却と印鑑証明の関係

投稿日:

土地を売却する場合実印と印鑑証明書は必須です。因に買い主はローン契約以外は実印は不要で認め印が可能ですが手続き上同じ印鑑でないといけません。

まず売却をするにあたって印鑑証明や実印が必要なもっともな理由として土地の売り買いをしたかが役所にとって必要な情報であるからです。其れ等が必須である所は具体的には役所の部類でも法務局がそれにあたり印鑑証明書は役所で作る形となります。また実印はほいほい押印するような事は悪用の元になり非常に危険なので必須である所のみ使用する事が身を守る点でも有効であるとされています。

もし売り主が売却を認めないと例えば買い主との移転登記問題が起きたりする事やまた売り主の成り済ましによる詐欺の様な手口等が横行してしまうのでそれ等を防ぐ意味合いもあります。よって売り主が本人であるかどうかの事の確認の側面があります。

売る土地の登記簿と売却主とその住所が同一であるかは正しく信頼関係が必要な不動産取引では重要な事です。また売り主が役所が別の土地へ引っ越したりした場合新しい住まいにある役所に印鑑証明書を新たに申請して作る必要があります。通常売った時点では引越し前で行い受理された場合その住所で登録されます。

ここで注意が必要な点としてその後売り主が引越し前してしまうとその引越しのデータは感知しない事になっているので後に売り主と問題が起きたとしても連絡のしようがないと言う事があり得るのです。

-未分類

Copyright© 土地売却に必要な費用や査定の掟 , 2017 AllRights Reserved.