未分類

土地を売却して得たお金は一時所得ではなく譲渡所得として扱われる

投稿日:

土地を売却したら一時所得が増えるので、住民税など翌年の税金が増えるのが心配だという方もいらっしゃるでしょうが、不動産に関しては売却で得たお金は一時所得ではなく譲渡所得として扱われるようになっています。満期を迎えた生命保険の解約金を受け取った場合や株式などの投資で得た利益に関しては一時所得に含まれますので、相応の課税金を支払う必要があるのは確かです。しかし土地を売った場合に関しては譲渡所得となるため、給与所得などとは別計算で低い利率での課税がなされます。

なるべく簡単に説明すると、譲渡所得は不動産を売った価格から買った価格と譲渡費用をプラスしたものを引いて合計した金額が譲渡所得と見なされます。譲渡費用とは仲介手数料など売却するときにかかった諸費用を指し、仲介をお願いした不動産業者が正確な金額を出してくれるので計算間違いがおきにくいといった特徴もあります。

土地だけでなくマイホームなど戸建ても含めて売る場合には特例で最大3000万分の控除も受けられる可能性があるので、一時所得より格段に利率は低くなっていると言えるでしょう。つまり土地を売却したからと言って過度に課税がなされることはないものと捉えておいてください。もともとの所得が多くないといった方の場合、翌年の税金がほぼ上がらないような形で不要な更地や農地などを売ってしまうことが十分に可能だということなので、売りたいと考えたときに売ってしまうのが一番だとも言えるでしょう。

-未分類

Copyright© 土地売却に必要な費用や査定の掟 , 2017 AllRights Reserved.