未分類

遠方の土地を売却するときに依頼したい不動産業者

投稿日:

遠方の土地を売却する場合、その地域の不動産業者に依頼するか、今、住んでいる地域の不動産業者に依頼するか迷ってしまうことになります。不動産の売却は一般に物件の地元にある不動産業者が有利と言われています。

しかし、全国規模で展開する大手の不動産業者も、優良な顧客をかかえているために著しく不利であるとは言えません。遠方にある土地が大きな都市にある場合と、過疎地にある場合とでも異なってきます。売主にとっては、通う手間が省けるなどの理由から、今、住んでいる地域にある、大手の不動産業者に売却を依頼したほうが、経費がかからない利点があります。

しかし、物件の地元の土地の利を生かした販売が出来る、地元の不動産業者も捨てがたいものです。不動産物件を売る場合は、複数の不動産会社に依頼することが出来ます。

専任媒介契約を結んだ場合は、不動産業者を一つに絞ることはありません。その場合は、物件の地元の不動産業者と、今、住んでいる地域の大手の不動産業者の二つに依頼する方法が適していると言えます。両者を競わせることにより、幅ひろい階層から購入希望者を探すことが出来ます。

大手の不動産業者も、全国各地の地元の不動産業者と提携しているところがあり、遠方の物件を売る場合に活躍してくれることが期待できます。物件の売却では高値で買い取ってくれる購入希望者を探すことが求められます。

物件の購入希望者は、多くの範囲の中から探した方が、より探しやすいと言えます。

-未分類

Copyright© 土地売却に必要な費用や査定の掟 , 2017 AllRights Reserved.