土地を売却する時の不安を解決するサイトです!確定申告の方法や税金の種類、所得税・消費税、相場価格と査定額、売出価格の上手な値引き方法、家やマンションなど住宅の内覧時の注意点、整地費用のことなど、不動産売却で得するための掟を詰め込みました!

人気ランキング

第1位 イエウール

イエウール

イエウールは、所有している土地などの不動産を最も高値で売ってくれる企業を探せる一括査定サイトです。

登録している企業は独自の厳しい審査を通過した優良不動産会社であり、売却実績が豊富な優良不動産会社の査定額を比較できます。

郵便番号から不動産査定をすることができるため、とても簡単に利用することが可能です。

第2位 イエイ

イエイ

イエイは、厳選した1000社の不動産業者が一括で査定してくれるサービスです。インターネットから査定依頼が可能で、最短60秒で査定でき、最大で6社の価格比較が可能です。

またトラブルの多い業者は排除する仕組みがあるので、安心して査定を頼めます。

第3位 HOME4U

HOME4U

HOME4Uは不動産一括査定のサイトです。マンションや持ち家、土地などを売却する前に、売却価格の相場を知ることができるので便利です。

このほか家を買いたい、貸したい、借りたい人向けの情報も提供しています。不動産の査定は複数の会社に申し込んでくれますので、比較も可能です。

第4位 オウチーノ

オウチーノ

オウチーノは日本最大級の住宅・不動産専門サイトです。

賃貸マンション情報、新築・中古マンションの購入検討者向けの物件情報、一戸建てをこれから建てる方、売る方向けの情報、住宅、店舗などのリフォームを検討されている方向けの情報、不動産投資を検討されている方向けの情報など住宅・不動産に関する情報が充実しています。

第5位 スマイスター

スマイスター

無料で最大6社の査定を受けられるのがスマイスターの特徴です。日本各地の700社もの不動産業者と提携し、土地やマンション、住宅まであらゆる物件を取り扱っています。

ネットで45秒で入力できる項目を送信すれば査定額が送られてきます。プライバシーマークを取得しているので情報の取扱も安心です。

第6位 ふじたろう

ふじたろう

「ふじたろう」を使えば面倒な査定が一括で行うことができます。また、ビッグデータ技術を利用することによってマンションの現在の相場と一年後の予想価格が一目瞭然でわかります。

さらに、契約している企業はどれも優良企業ばかりなので安心して利用できます。

第7位 マンションマーケット

マンションマーケット

マンションマーケットは、特定の地域だけではなく、日本全国のマンション相場が調べられます。購入と売却の両方におけるマンションの相場を調べられるので、マンションに関する豊富な情報がわかります。

マンションマーケットでは、特定のブランドマンションを個別に検索することも可能です。

第8位 不動産査定エージェント

不動産査定エージェント

不動産査定エージェントはオンライン査定が可能で、無料で24時間受付を行っています。簡単な必要事項を入力するだけで一括査定することができるので、複数の業者を比較し依頼できます。

物件の売却が成功すればギフトカードの進呈をしてくれます。

第9位 マイスミ

マイスミ

マイスミでは、厳選された優良な不動産業者をたくさん見ることができます。またそれらを一括で比較することができ、その簡単さが魅力です。

完全無料であるため、安心して必要事項を調べることができます。土地活用や賃貸管理などでも、悩む心配がいりません。

第10位 イエカレ

イエカレ

日本最大級の不動産比較サイト「イエカレ」なら、一番高く不動産物件を売れます。たった60秒で完了する不動産売却無料査定を利用できます。必要項目を入力するだけで資料請求も早期にできます。

数社へ不動産査定を一括でできるので、比較や検討がしやすいです。

土地を売却する際に測量を行う場合の費用について

土地の売却を行う際に公簿面積と記載されている面積が違う場合、あるいは公図では面積がはっきりしないとか境界がはっきりしない場合には関係者が立会いのもとで確認を行った上で土地の測量を行うことがあります。

その際には土地家屋調査士と呼ばれる土地・家屋の専門家に依頼し、費用がかかることになります。

トランシット機器を使ったり平板測量の方法によって地積測量図が作成され法務局に備えつけられている表題部に登記されることになりこれは表示登記と呼ばれています。

ここには所在や地番、方位、図面、境界標、縮尺、申請人、作成者、作成年月日その他が記載されます。売却の際にはこのように本体の価格と測量の費用がかかって来ることになり、この費用は現場の状況によって変わって来るもので幅を持っています。

例えば過去に境界の立会いでもめたような場合とか、計測が難しい密集地、あるいは山奥の原野であって伐採作業を伴うようなところであれば当然費用がかさんで来るものです。

資料の全く存在しない不動産という場合もありますし、相続が絡んだ場合、あるいは隣地が国有地であるとか軍用地である場合、隣接地に分譲マンションがあったり共有地があってその共有者の中に居所がつかめない人が存在する場合もあります。

あるいは立会い人数が揃わない場合であるとか、裁判所が介在して現在係争中のような不動産の場合、又は作業に着手してからでないと色々判らないことが出て来るような場合の費用がかかります。当然このような場合価格は大きく違って来る可能性があります。

土地を売却する場合の値段の付け方と費用について

土地を売却する場合には、出来るだけ高い価格で売りたいものですが、余り高い価格の場合には買い手がつかずに売れないという事態になる事が多いものです。なかなか売れないと固定資産税などの費用が掛かってしまうことから、多くの場合には値段を下げて売ることになり、結果的に安い値段で売らなければいけなくなる事も少なくありません。その為、土地の値段を決める際には様々な条件を鑑み、すぐに売れるような価格設定をすることで費用を抑えられる可能性があります。

その為には、すぐに売却出来るような価格設定の方法を知っておく必要があるのです。第一に、土地には相場価格というものがあります。

これは周辺の立地条件や環境などをもとに価格が決められるものですが、毎年その数字が変わる上に、それぞれの立地によって微妙に価格が変わるので十分に認識しておく必要があるのです。また、委託する不動産業者をしっかりと選ぶことも重要です。

不動産業者の中には初めに高い価格を提示し、わざと売れない状態にして最終的には安い価格で買い取り高値で転売するという悪質な業者もいます。このような悪質な業者に騙されないように、自分で土地の相場を把握しておくことが大切です。

土地は早く売却できないと、さまざまな費用がかかってしまうものです。固定資産税のほか、草刈りなど維持管理するための費用も掛かる事があります。高値で土地を売却する場合には出来るだけ見栄えの良い状態の方がよいため、草刈りなどを怠ると不利になる事も多いのです。

しかし、その為には費用が掛かってしまうため、そのバランスをみて行うことも重要です。

不動産の売却で生じる費用

意外と売るのに費用が掛かることが多いのが不動産です。その費用について知っておきましょう。まず売却をするときのパートナーとなる存在が不動産会社です。

主に売主と買主を仲介する仕事をしますので、重要な役割を担います。その手数料も費用に計上されます。

売却価格×3%+6万円の費用です。400万円からこの方式で当て嵌めることができますが、仮に1000万円とするなら、その費用はかなりの金額が掛かることがわかるでしょう。一番費用として持っていかれる部分です。

あとは抵当権抹消が必要となります。不動産を購入した際に、ローンを活用する人も多いです。

いざ支払うことができなくなった場合に、金融機関に対して抵当権が発生します。これを抹消しなければ買主が困ることに。購入した物件がいつの間にか競売にかけらえることになりますので、売却するときに抹消しておかなければなりません。

特別な手順が必要になりますので、司法書士に任せることになります。抵当権抹消は1つの物件で1000円、土地もいれると2000円、そして司法書士に依頼することから1万円ほど費用が必要です。

あとは売却したとき購入した時よりも上回った金額となれば、譲渡所得として所得税と住民税が課せられます。利益が出るようなことは少ないですが、場合によってはそうなるケースもありますので、気を付けておきましょう。また印紙代などもあり、いろいろと費用が掛かります。

売った価格と照らし合わせながら、費用についても見ていくことで少しでも利益をだしましょう。

投稿日:

Copyright© 土地売却に必要な費用や査定の掟 , 2017 AllRights Reserved.